fbpx

LIVESTAR(ライブスター)|エイベックス・グループ日本最大級規模のライバー事務所」 LIVESTARは、ライバーが楽しく持続的な活動ができるようにサポートするライバープロダクションです。

ライバー応募はこちら!
ライバー応募はこちら!

TikTokの収益化のやり方は?条件と収益いくらかを徹底解説!

サムネイル画像

昨今YouTubeやInstagramなどのSNSで情報発信をすることにより、広告収益を得られるビジネスが人気となっていますが、TikTokでも収益化ができるのかどうかは気になりますよね。

 

そこで、今回はTikTokで収益化ができるのかどうか。合わせてTikTokでの収益化の条件なども解説します。


 

私達LIVESTARは、累計3,000名以上のライバーのマネジメントを行ってきた、エイベックス・グループ傘下のライバー事務所です。

 

LIVESTARの所属ライバーになってみたい!という方は、以下のボタンから友達登録の後、応募をお願いいたします!

 

TikTokはいつから収益化できる?2021年1月から収益化開始!

 

 

2021年12月現在、TikTokではライブ配信の投げ銭による収益化が可能です。

TikTokの収益化の仕組みは?4つの収益化モデルを紹介

TikTokでは主に4つの方法で収益化が可能です。ここでは、現状可能な収益化の方法と実際に収益化が可能な方法を解説していきます。

1.投げ銭

TikTokでは、ライブ配信での投げ銭で収益化が可能です。TikTokでの投げ銭は1コイン2円換算で換金ができるとされており、ユーザーは5コイン〜2000コインの間で投げ銭ができます。

しかし、ライバーが受け取るTikTokのコインの収益還元率は30~50%であるとされているため、投げ銭総額がそのまま収益になるわけではありません。

2.企業案件

ライブ配信の投げ銭収益以外では、企業案件によって収益化が可能です。

収益化の条件などは依頼する企業によって変わるため平均額などはありませんが、平均的な収益は1本の動画投稿に際し【フォロワー×1〜3円】ほどが目安となります。

企業案件による収益は動画の再生数や平均再生時間など、フォロワー以外の要素も関係してくるので、企業と交渉することで単価アップも望めるでしょう。

3.音楽利用

TikTokはショート動画がメインコンテンツであり、ショート動画では様々な音楽が利用されています。TikTokではこの音楽を利用されるたびに著作権として利用料が収益として入ってくることがあります。

TikTok側から収益率などは明かされていませんが、1再生につき1円以下の収益単価であると考えられています。

4.アフィリエイトへの誘導

TikTokでは入ってきたユーザーを別ページに遷移させ、アフィリエイトをすることで収益化できます。TikTok内だけで収益化する方法ではありませんが、TikTokを通じたアフィリエイトで収益をあげているユーザーは多くいるようです。

確実性は低いですが、商品紹介をしているアカウントなど、アフィリエイトと親和性の高いメディアにすることでアフィリエイトでの収益が望めるでしょう。

5.自分の商品を持つ(P2C)

TikTokでは、自分の持つ商品を宣伝媒体として販売することで収益化している人が多くいます。
このようなビジネスモデルを「Person to Consumer」と呼び、略してP2Cと呼びます。

自身のTikTokのアカウントで商品を宣伝するため広告費をかけずに努力だけで販促できるのが魅力。現在では美容外科や弁護士など、お客さんが一般人(Consumer)であるビジネスで活用されています。

P2Cはアフィリエイトと違い売れた利益がすべて自分に入るため、今後ブランド展開や商品を販売していきたい方は見逃せない手法と言えるでしょう。

TikTokの収益化のやり方は?収益化の条件を解説

TikTokを収益化するには条件が存在します。企業案件の場合は依頼する企業によって条件は変わりますが、ライブ配信には条件が存在しています。

それではどんな条件でライブ配信で収益化できるのでしょうか。以下ではTikTokの収益化の条件の詳細について解説していきます。

【結論】収益化条件は明かされていない

結論から申し上げると、TikTokのライブ配信での収益化条件は明確に明かされていません。さまざまなサイトでは、「フォロワー5000人で収益化できる」や「フォロワー10万人でも収益化できない」などと言われています。

 

加えて、この収益化条件は変更になることがあります。実際に動画プラットフォームのYouTubeでは、年々収益化条件の難易度が上がっています。現在の根拠のない噂を過信してしまわないようにしましょう。

YouTubeの収益条件をモデルに考える

TikTokはYouTubeと同じ動画SNSのひとつです。そこで、現状TikTokの収益化するためには最もメジャーとされているYouTubeの収益化条件をモデルにTikTokの収益化を考えることをおすすめします。

それではYouTubeの収益化条件はどのようなものなのか。YouTubeの収益化条件は以下です。

上記のようにYouTubeの収益化条件は「チャンネル登録者数」と「投稿している動画の総再生時間」がメイン条件となります。TikTokでは「フォロワー」と「投稿している再生回数」がメインとなるでしょう。

現状TikTokでのライブ配信で収益化を考えている場合は、まず自身のアカウントで収益化できるかどうかを確認してから、できない場合はフォロワーを多く集め、定期的な投稿を心がけるようにしましょう。

TikTokはいくら稼げる?収益後の単価は?

上記ではTikTokの収益化方法について紹介しましたが、実際にTikTokではどのくらいの収益を稼げるのでしょうか?以下ではTikTokを収益化する上での報酬単価について解説します。

明確な報酬単価なども明かされていない

TikTokは具体的な報酬単価などを明かしておらず、どれくらい稼げるかは名言できません。しかし、海外のトップTikTokerは1本のショート動画で1000万円以上の収益をあげた例もあるほど。

※海外データ参照

もちろん、ショート動画以外にも企業案件やライブ配信などで複合的に収益をあげることができるため、TikTokを活用することでYouTubeなどのSNSと変わらないほどの収益を上げることもできるでしょう。

https://www.cosmopolitan.com/jp/entertainment/celebrity/g31409112/11-tiktok-star-income/

今後はTikTok広告が盛り上がりを見せる見込み

TikTokは2021年より、日本国内でライブ配信の収益化が開始され、2021年9月の段階で世界で10億人以上が利用する動画SNSへと発展しました。

その中でも注目されているのはTikTok広告であり、2019年と2020年のビジネス利用を比較すると、※約274%増加しているほど。加えて、TikTokは2021年から公式で2021年より各ECプラットフォームと連携していくことを発表しており、今後日本でも更なる盛り上がりを見せると予測されています。

https://tiktok-for-business.co.jp/archives/5589/

TikTokでは、収益化条件以外にも収益化後の単価も開示されていません。そのため、現状ではまだ情報発信をして安定的に稼いでいきたい方にはあまりおすすめできる方法ではないでしょう。

そこで情報発信をして、収益を得たい方にはライブ配信がおすすめです。以下で詳しく見ていきましょう。

TikTok以外にも配信で稼ぐ方法は?ライブ配信がおすすめ!

ライブ配信とは、リアルタイムで配信を行い情報発信ができるプラットフォームです。

ライブ配信では、リアルタイムで配信をしてリスナーと交流するライブ配信です。配信者は「ライバー」とも呼ばれ、雑談やゲーム配信、歌、楽器演奏などを配信しています。

ライブ配信は臨場感があり、配信者とリスナーの距離が近いため、配信が盛り上がるほど高い報酬を望めます。以下では、おすすめのライブ配信サービスを3つ紹介します。

Pococha

Pocochaは、DeNAが運営するライブ配信アプリです。ランクと配信時間に応じた報酬を運営から受け取ることで収入を得られます。

独自機能である「ファミリー」では、ファン同士の交流やイベントの作戦会議などが行えるため、ファンとの距離をより近くして配信を盛り上げることも可能です。

顔出しでの雑談がメインですが、配信画面にはフィルター機能も備わっており、「加工なしでは配信したくない」という人でも安心!

ポコチャでは、気軽に「趣味で配信活動をしてみたい!」「バイトの代わりにちょっとだけ」という方でも安心して配信活動ができます。

詳しく知りたい方は以下でポコチャの収益について、詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Pococha (ポコチャ) は時給制で安定して稼げる?収益を上げるための稼ぎ方のコツを紹介します!
Pococha(ポコチャ)はこちら↓
https://www.pococha.com/ja-JP

BIGO LIVE

BIGO LIVEとは、ユーザー数2億人以上のライブ配信アプリです。ユーザー数が圧倒的に多く、BIGO LIVE独自の機能が充実していることが特徴です。

リスナーから貰ったギフトやアイテムをもとに、ビーンズを集めて換金することで収益化できます。ユーザー数は多いものの、日本人配信者は少なく、まだまだチャンスが多いことが魅力。

配信者にとってチャンスがあるBIGO LIVEについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください!

BIGOライブ(ビゴライブ)公式ライバーは時給制だから稼げる?ビーンズの換金率など収入の仕組みを解説!
BIGO LIVE(ビゴライブ)はこちら↓
https://www.bigolivejapan.blog/

ふわっち

ふわっちは2015年に登場した比較的新しいライブ配信サービスです。

ふわっちでは、リスナーからの投げ銭はもちろん、配信閲覧数の上位ランク者には運営側から換金可能なポイントが付与される特徴があります。

実際にふわっちでは「アイテム」+「ランキング報酬」+「配信の盛り上がり具合」でお金が稼げる仕組みになっており、他のサービスと比較しても高い報酬が望めるサービスになっているため、今後ライブ配信でがっつり稼ぎたい方におすすめのサービスです。

配信方法も顔出しをするかどうかは配信者次第で決められるため、初めての方でも簡単に挑戦できることでしょう。

ふわっちで収入を稼ぐには?ポイントの換金方法やランキングによる影響も解説!
ふわっちはこちら↓
https://whowatch.tv/

17LIVE

17LIVEは、全世界で5,000万ユーザーが登録する台湾発のライブ配信プラットフォームです。歌やパフォーマンス、雑談、ゲームなど自分の好きなことを好きな時間・場所から配信できます。

主に投げ銭の量に応じた報酬システムを導入しており、多額を稼ぐことができるのがメリット。芸能人も利用するほど知名度があるため、有名になるとイベントやスカウトなどのチャンスもあります。

これから「本気でライブ配信に挑戦してみたい!」という方は、17ライブでの配信活動をおすすめします。

17ライブの仕組みやどれくらい稼げるのかについて、詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてくださいね!

17ライブ(イチナナ) でギフトで収入を上げるには?17LIVEでの稼ぎ方や投げ銭の仕組みを解説してみた
17ライブ(イチナナ)はこちら↓
https://jp.17.live/

まとめ

TikTokは収益化の条件などは明かしていないものの、ショート動画の需要は増えており、今後は広告費用の流通額が増えていくことも予想されます。

今後情報発信を通して収益の獲得を目指していきたい方は、TikTokはもちろん、親和性の高いYouTubeやライブ配信なども視野に入れて活動することがおすすめです。

最後までご覧いただきありがとうございました。


私達LIVESTARは、所属ライバー実績3000名を超えた、日本トップクラス規模のライバー事務所です。

過去数千名のライバーマネジメントを通して培ったライブ配信におけるノウハウとマネジメントがあり、月間No1のライバーの輩出実績があります。

 

また、東証一部上場企業avex(エイベックス)グループ企業として、配信におけるマネジメントだけでなく、グッズなどの物販、郵送物対応、ラジオ番組への出演など、更なるサポートの幅を広げております。

 

下記のように、自分には当てはまらないと思っている方でも、
・フォロワーが少なくて、インフルエンサーじゃない。
・未経験だし、不安。
・トークに自信がない。
・パフォーマンスができる特技がない

 

新しく始める95%以上の方は、フォロワーもほとんどいなく、未経験の方ばかりですので、ご安心ください。

 

完全無料でスタッフによる相談も可能ですので、以下のボタンからLINE友達登録の後、ご応募お願いいたします!

執筆者プロフィール紹介

LIVESTAR Magazine 編集部

プロフィール