fbpx

LIVESTAR(ライブスター)|エイベックス・グループ日本最大級規模のライバー事務所」 LIVESTARは、ライバーが楽しく持続的な活動ができるようにサポートするライバープロダクションです。

ライバー応募はこちら!
ライバー応募はこちら!

Voice Pococha(ボイぽこ)とは?音声特化型の特徴とどれくらい稼げるのかを解説!

サムネイル画像

ボイスポコチャとは、声でつながる顔出しなし音声ライブ配信アプリです。見た目を気にすることなくありのままの自分を届けられること、無料で配信・視聴を楽しめることが魅力。

ライブ配信アプリ「ポコチャ」の運営元である株式会社DeNAから2022年1月17日にiOS版がリリースされました。

時期は定かではないものの、リリースから最短半年で「Andoroid版も実装予定」とアナウンスがあったため、2022年中にAndoroid版アプリもリリースされるのではないかと考えられます。

そこで、この記事ではポコチャボイスの特徴や配信方法からポコチャとの違いを解説していきます。

これからポコチャボイスで配信をしようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。


私達LIVESTARは、累計3,000名以上のライバーのマネジメントを行ってきた、エイベックス・グループ傘下のライバー事務所です。

 

LIVESTARの所属ライバーになってみたい!という方は、以下のボタンから友達登録の後、応募をお願いいたします!

 

ポコチャとボイスポコチャの違いは?


ポコチャは、大手配信アプリ「17LIVE」と並ぶ、株式会社DeNAが運営しているライブ配信アプリです。ライブ配信の中でもライバーとリスナーの距離が近いことが特徴で、稼ぎやすいシステムが導入されているポコチャ。

 

今回リリースされたボイスポコチャも運営元は同じでいずれも無料で配信・視聴を楽しめます。一方で、ポコチャはほとんどの配信が「顔出し」で行われており、ボイスポコチャは「声のみ」で行われているという違いがあります。

 

またボイスポコチャを始めるにはポコチャへの登録が必要となり、ポコチャ同様18歳未満はアプリの使用ができません。

 

リスナーからの応援ギフトがもらえる、時給制度があるなどの点では大きな違いはありませんが、まだまだ細かな機能やイベントの実装はこれからといった印象です。

ボイスポコチャの特徴は?


ボイスポコチャは、これまでとは違った新しいカタチの音声ライブ配信アプリです。リリースされたばかりで狙い目のアプリではありますが、どのような特徴があるのでしょうか。

 

ここでは、ボイスポコチャの特徴について解説します。

ボイスポコチャは音声配信のみで稼げる

ボイスポコチャは、ポコチャとは異なり全員が「顔出しなし」でのライブ配信を行っています。

 

これまでは容姿の良さやインパクトなどが重要視されてきましたが、ボイスポコチャでは見た目や周りの目を気にすることなく配信できることが特徴です。

 

そのため「周りにバレたくないけど配信はしたい」「容姿には自信がないけど配信をやってみたい」という人に向いているサービスとなっています。


顔出しなしのバーチャル配信に特化している

ボイスポコチャは、顔出しなしでアバターを使用するバーチャル配信に特化しています。

 

「声優を目指している」「トーク力や声に自信がある」「歌を歌うことが好き」など、声やトークに関する特技があればファンが付きやすいでしょう。

 

また、見た目(バーチャルのアバター)の良さや声が可愛い・かっこいいなども自分の強みになるため、Vtuberに興味がある人にも向いています。

ボイスポコチャは稼げる?

「ボイスポコチャに興味があるけど、実際のところ稼げるの?」と疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。リリースされたばかりということもあり、収益については不安が残りますよね。

 

ボイスポコチャでは、ポコチャと同様「ダイヤ」と呼ばれる報酬が付与されます。ダイヤは、「時間ダイヤ」と「盛り上がりダイヤ」の2種類があります。

 

「時間ダイヤ」は配信した時間に応じて貰える報酬です。「盛り上がりダイヤ」は、直近の配信の盛り上がり度合いによって獲得できる報酬です。ポコチャ同様に、配信中にリスナーから貰ったギフトや視聴人数などを加味してその日ごとの報酬が決定します。

 

ダイヤは一定量溜まると換金またはコインに交換できる仕組みになっています。顔出しなしの音声ライブ配信の中では珍しい「時給制度」が実装されていることから、ボイスポコチャは他のアプリに比べて収益が得やすいと言えるでしょう。

 

ただし、時間ダイヤには上限があるうえに、各ライバーのコミュニティランクによってもらえる数が異なります。また、2022年2月現在ではコミュニティランクがD2未満では時間ダイヤが付与されません。

 

つまり、長くやれば稼げるというわけではなく、いかに自分のファンを作って盛り上がりダイヤの獲得を増やしていくか、ライバルと差を付けるかが重要になるでしょう。

ボイスポコチャで配信をするメリット・デメリット


他のライブ配信アプリではなく、ボイスポコチャで配信をするメリットはどのようなものがあるのでしょうか。またデメリットについても把握しておきたいもの。

 

ここでは、ボイスポコチャで配信するメリット・デメリットをそれぞれ解説します。

メリット デメリット
  • 音声配信のみで稼げる
  • 大手ライブ配信プラットフォームだから安心
  • 新規プラットフォームだから参入障壁が低い
  • ファンを獲得する難易度が高い
  • まだまだユーザーが少ない

ボイスポコチャの最も大きいメリットは「音声のみ」で稼げることです。メリット1.音声配信のみで稼げる

 

これまでのライブ配信アプリでは、上位にいるライバーのほとんどが顔出しでの配信を行っており、音声だけで稼ぐことはなかなか難しい状態でした。

 

 

一方で、ボイスポコチャはすべてのライバーが音声のみであることから、容姿を気にすることなく自分自身の声や歌、トーク力を武器に稼げることが魅力です。

 

メリット2.大手ライブ配信プラットフォームだから安心

ボイスポコチャは、ポコチャと同じ運営元である株式会社DeNAが運営しています。そのため、ポコチャの運営で培われてきた環境整備やセキュリティ対策が十分に行われている点がメリットです。

 

またポコチャの運営はリスナーやライバーの意見をしっかりと反映してくれるため、サービスはこれから発展していく見込みがあることも期待できるポイントと言えます。

メリット3.新規プラットフォームだから参入障壁が低い

ボイスポコチャは2022年の1月にリリースされたばかりのサービスです。そのため、ライバルが少ない点もメリットとして挙げられます。

 

既に人気のライバーも少なく、周りに埋もれることもないため既存のサービスに比べてファンを獲得しやすいです。

 

一定数のファンを獲得できればより稼ぎやすくなるため、古参ライバーになれる今が狙い目と言っても過言ではありません。

デメリット1.ファンを獲得する難易度が高い

ボイスポコチャに実装されている機能は必要最低限で、現状では盛り上がりに欠けると感じる人もいるかもしれません。

 

またコイン獲得方法や視聴中の応援方法がポコチャに比べてまだまだ少ないため、視聴者からのアイテムやギフトが貰いにくい点がデメリットです。

 

ただ、機能は今後実装されていくことを考えると、大きなデメリットではありません。今後の開発機能としては「カラオケ機能」「Andoroid版」「コメント読み上げ機能」「ライバーランクの上限解放」などが追加されるようです。

 

その他に追加される機能(2022年2月現在)

参考(「今後の開発機能について Vol.2」)

 

デメリット2.まだまだユーザーが少ない

ポコチャに比べるとそもそもユーザー数が少なく、新しく見てくれる人が少ないという点もデメリットとして挙げられます。

 

 

そのため、他のプラットフォームから集客したり、既存のユーザーをしっかりと掴んでいくなど工夫する必要があるでしょう。とは言え、ユーザー数が少ない分一人ひとりのファンをしっかりと獲得していけるメリットもあります。

 

将来性が見込めるボイスポコチャは、これからユーザー数も伸びていくと考えられるので、初見ファンがつきやすくチャンスが多いとも捉えられます。


ボイスポコチャはどんな人におすすめ?

ボイスポコチャは顔出しなしで稼げるライブ配信アプリです。ボイスポコチャは以下のような人におすすめです。

 

「元々ライブ配信に興味はあったけど、自信がなかった」といった人にとってもハードルが低く、始めやすいライブ配信アプリと言えるでしょう。

ボイスポコチャのまとめ

ボイスポコチャは、2022年1月にリリースされたライブ配信アプリです。見た目を気にすることなくありのままの自分を届けられるため、ライブ配信に興味はあったけどなかなか一歩を踏み出せなかった人も始めやすいサービスの1つです。

 

大手配信プラットフォーム「ポコチャ」と同じ運営元であることから、ライバーやユーザーの意見を多く取り入れながらともに成長していき、これからの動向に期待が高まるサービスと言えるでしょう。

 

リリースされて間もない今、ボイスポコチャで配信を始める絶好の機会です。「声優や歌手を目指している」「声やトークに自信がある」という人は、ぜひボイスポコチャ音声ライブ配信デビューを検討してはいかがでしょうか。

 


 

私達LIVESTARは、所属ライバー実績3000名を超えた、日本トップクラス規模のライバー事務所です。

過去数千名のライバーマネジメントを通して培ったライブ配信におけるノウハウとマネジメントがあり、月間No1のライバーの輩出実績があります。

 

また、東証一部上場企業avex(エイベックス)グループ企業として、配信におけるマネジメントだけでなく、グッズなどの物販、郵送物対応、ラジオ番組への出演など、更なるサポートの幅を広げております。

 

下記のように、自分には当てはまらないと思っている方でも、
・フォロワーが少なくて、インフルエンサーじゃない。
・未経験だし、不安。
・トークに自信がない。
・パフォーマンスができる特技がない

 

新しく始める95%以上の方は、フォロワーもほとんどいなく、未経験の方ばかりですので、ご安心ください。

 

完全無料でスタッフによる相談も可能ですので、以下のボタンからLINE友達登録の後、ご応募お願いいたします!

 

執筆者プロフィール紹介

LIVESTAR Magazine 編集部

プロフィール