fbpx

LIVESTAR(ライブスター)|エイベックス・グループ日本最大級規模のライバー事務所」 LIVESTARは、ライバーが楽しく持続的な活動ができるようにサポートするライバープロダクションです。

ライバー応募はこちら!
ライバー応募はこちら!

ポコチャ(Pococha)のお忍び配信・ご新規配信とは?やり方や活用方法を徹底解説!

サムネイル画像

「ポコチャのお忍び配信やご新規配信について知りたい」という方も多いのではないでしょうか。

ポコチャでライブ配信を始めようかと検討している方は、お忍び配信・ご新規配信がどのようなものであるのかを知りぜひ活用してみましょう。

本記事では、ポコチャのお忍び配信・ご新規配信のメリットや注意点などをご紹介します。

 


私達LIVESTARは、累計3,000名以上のライバーのマネジメントを行ってきた、エイベックス・グループ傘下のライバー事務所です。

 

LIVESTARの所属ライバーになってみたい!という方は、以下のボタンから友達登録の後、応募をお願いいたします!

 

ポコチャのお忍び配信とは?

 

ポコチャのお忍び配信は、先月と今月の視聴時間の合計が5時間未満のリスナーが視聴できる配信です。

視聴時間の合計は、複数のライバーを合わせるのではなく、特定のライバーの視聴時間が5時間未満である必要があります。

 

またお忍び配信は視聴時間が短いリスナーだけではなく、ライバーが招待したリスナーやライバーのアシスタントも視聴できます。

通常の配信と比べると視聴できるリスナーが少ないため、レア感が高まることでしょう。

 

お忍び配信時間は、最初の60分間が有効であり、60分以上経つと通常の配信に切り替わります。

お忍び配信中は、視聴できるリスナーのみに表示され、「おしのび配信中」のバッジが付きます。

まだお忍び配信をしたことがないライバーに向けて、お忍び配信を設定する方法をご紹介します。

お忍び配信の設定方法】

  1. 配信タイトルを入力(22文字以内)
  1. 配信設定で「おしのび配信」を選択
  1. ツイート設定を行う
  1. フィルターや配信の種類(ラジオ/ライブ)を設定
  1. 準備が完了したら「配信スタート」をタップ

ただしお忍び配信は、応援ランクB1以上のライバーしか利用できないため注意しましょう。

ポコチャのお忍び配信をするメリット

 

ポコチャのお忍び配信を行う前に、どのようなメリットがあるのかを確認しましょう。ここではメリットをご紹介するため、まだお忍び配信を行ったことがない方は参考にしてください。

新規リスナーが増えやすい

お忍び配信は視聴時間が短いリスナーが対象であるため、新規リスナーに向けた配信を行いたい場合におすすめです。

お忍び配信を開始した際には、視聴対象であるリスナーのみに通知が送られ、新規リスナーが増えやすいです。

新規リスナーに向けて、ライバー紹介やアピールができるチャンスでもあります。

 

お忍び配信をきっかけに新規リスナーが増えると、エール獲得数が増え最終的にはライバーランクアップにもつながりやすくなります。

新規リスナーの定着率が高ければ、ランキング上位に表示されます。

 

またリスナーが人気ライバーと交流しやすくなることもメリットの1つです。

通常配信で新規リスナーがコメントしても、他のコメントに埋もれてしまうこともあるため、コメントを読んでもらいたい方はお忍び配信に参加するといいでしょう。

ポコチャのお忍び配信の注意点2つ

 

ポコチャのお忍び配信は、メリットだけではなく注意点もあります。ここでは注意点を2つご紹介するため、お忍び配信を行う前に確認しましょう。

固定リスナーにも気を配る

お忍び配信は、新規リスナーに向けた配信であり、招待したリスナーやアシスタント以外のリスナーは視聴できません。

そのため例え熱狂的なファンだとしても視聴できず、お忍び配信ばかりを頻繁に行ってしまうと、固定リスナーが離脱してしまう可能性があります。

固定リスナーが多いライバーは、お忍び配信と通常配信の割合に注意しましょう。

 

また固定リスナーにも楽しんでもらうために、60分以上配信を行うことをおすすめします。

お忍び配信から通常配信に切り替わるタイミングを待てば、新規リスナーと固定リスナー同士が交流できる場を設けられます。

 

人気ライバーになりたい方は、幅広いリスナーを大切にできるライバーを目指しましょう。

 

ランクを維持する

ポコチャのお忍び配信は、ライバーの応援ランクがB1以上でないと行えません。

そのためランクを維持しなければ、翌日にはお忍び配信ができないことも起こり得ます。

 

応援ランクは、以下のように分けられます。

ランク帯 ランク
Sランク帯
S6
S5
S4
S3
S2
S1
Aランク帯
A3
A2
A1
Bランク帯
B3
B2
B1
Cランク帯
C3
C2
C1
Dランク帯
D3
D2
D1
Eランク帯 E1


またランクはプロフィールから確認できるランクメーターによって、日々変動します。

 

ちなみにランクメーターは、いいねやコメントなどで応援ポイントを獲得したり、エール総数でもらえる応援ポイントボーナスが応援ポイントに加算されると上がります。

確定数値は、13時締めが当日の17:30以降、22時締めと24時締めは翌日の4:30以降に表示されます。

 

もしランクが下がる恐れがある場合は、ランクメーターを止められる「おやすみチケット」の使用がおすすめです。

ポコチャのおしのび配信で参加できるアシスタントの人数

 

ポコチャのアシスタントは、1人のライバーにつき5人まで任命でき、お忍び配信にも最大5人のアシスタントが参加できます。

しかし5人までアシスタントを任命しているライバーは少なく、本当に信頼されているリスナーのみが任命されるケースがほとんどです。

 

またアシスタントはファミリーメンバーから任命されるため、まずはファミリーの一員になる必要があります。

ファミリーになるには、決められている条件を満たした上で申請し承認を得る、または招待してもらいましょう。

 

さらにアシスタントになるとお忍び配信に参加できるだけではなく、他にもさまざまな権限が与えられます。

【アシスタントの権限】

ただし10日間以上ライブ配信を視聴しなかった場合にファミリーから脱退してしまう「ファミリーフレッシュ機能」が、アシスタントにも適用されるため注意しましょう。

 

ポコチャのご新規配信とは?

 

ポコチャのご新規配信は、正式名称「ご新規さん歓迎配信」であり、ポコチャを始めて間もないリスナーが視聴できる配信です。

Pococha公式サイトによると、各ユーザーごとに表示される注目50タイムラインでは、お忍び配信よりもご新規配信の方が上位に表示されるようです。

新規リスナーを集めたい場合は、お忍び配信だけではなく、ご新規配信も積極的に行うといいでしょう。

 

ご新規配信をまだ行ったことがないライバーに向けて、設定方法をご紹介します。

ご新規配信の設定方法】

ご新規配信を行うと、「ご新規さん歓迎」のバッジが付きます。

 

ご新規配信は、ポコチャを登録してから1ヶ月未満のリスナー、招待を受けたアシスタントが視聴可能です。

対象リスナーには、初心者マークである「Nマーク」が付与されています。

お忍び配信と似ていますが、視聴可能なリスナーがさらに制限された配信となっています。

 

またご新規配信は、応援ランクC1以上のライバーが配信でき、お忍び配信のように配信できるライバーが限られています。

しかしお忍び配信のライバーに対する必要条件と比べると、ご新規配信の方が配信できるライバーが多いです。

 

ご新規配信の通知は、ポコチャを始めてから1ヶ月未満のフォロワーのみに送られます。

そのためある程度フォロワーを獲得してから行うと、新規リスナーの獲得につながりやすいです。

 

ポコチャのご新規配信でおすすめの時間帯

ポコチャのご新規配信は、以下の時間帯に行うのをおすすめします。

 

出勤前の時間帯は、主に7時〜8時です。

リスナーの中には、出勤前のメイクをする時間、準備をする時間にライブ配信を見ている方が多くいます。

 

退勤後の時間帯は、主に16時〜18時です。

移動手段が電車やバスである方は、乗車中に暇つぶしとしてライブ配信を見ている方が多くいます。

 

就寝前の時間帯は、主に22時〜26時です。

ライブ配信を見ながら寝落ちする方も多く、自然と滞在時間も長くなる傾向が見られます。

 

また休日はリスナー・ライバーともに活動が活発になるため、時間帯を選ぶよりも配信時間を伸ばすといいでしょう。

 

ポコチャのご新規配信のメリット

ポコチャのご新規配信には、いくつかメリットがあります。まだご新規配信を行ったことがない方は、どのようなメリットがあるのかを確認しましょう。

 

1.新しいリスナーが獲得できる

ご新規配信は、ポコチャを始めてから1ヶ月未満のリスナーが対象であるため、新規リスナー獲得につながりやすいです。

お忍び配信と同じようなメリットではありますが、視聴できるリスナーが絞られています。

 

また新規リスナーを獲得するために、ライブ配信を盛り上げてもらえるようアシスタントも招待しておくといいでしょう。

視聴しているほとんどのリスナーが、ポコチャの使い方を詳しく知らないかもしれないので、アシスタントにはリスナーをサポートするコメントをするようお願いすることをおすすめします。

 

2.時間に制限がない

ご新規配信は配信時間に上限はなく、ライブ配信を止める場合はライバー自身で操作する必要があります。

お忍び配信とは異なるメリットであり、新規リスナーに向けた配信を長時間行いたい方におすすめです。

 

ポコチャのご新規配信での注意点2つ

 

ポコチャのご新規配信には、メリットだけではなく注意点もあります。ここでは注意点を2つご紹介します。

参加する人が限定される

ご新規配信は、通常配信・お忍び配信と比べると、参加できるリスナーが限られています。

そのため「多くの人に見てもらいたい」場合にはおすすめしません。

 

さらにすでに推しがいるリスナーの場合、ご新規配信に参加しない確率が高いため、余計に参加者が限られてしまいます。

ご新規配信は、まだ推しがいないリスナーを獲得するための配信と考えるとよいでしょう。

 

また参加できるリスナーは、ポコチャを始めて間もないため、アイテムに費やせる課金金額が少なく、通常配信ほどの見返りはないと考えられます。

ランクを維持するためにも、ご新規配信だけではなく通常配信を定期的に行うこともポイントです。

 

定着率によってフィードされない

ポコチャでは、各ユーザーでカスタムされた「注目50タイムライン」が表示されます。

新規リスナーの定着率が高いほど、注目50タイムラインの上位に表示されやすいです。

 

しかし逆をいうと、定着率が低ければ注目50タイムラインには表示されずそのまま配信を終えなくてはいけなくなります。

 

またご新規配信の通知はフォロワーのみに送られるため、フォロワーが少ないと配信開始の通知が送られるリスナーも限られてしまいます。

注目50タイムラインの上位に表示されるためにも、まずはフォロワー獲得のために通常配信を定期的に行いましょう。

フォロワーが増えてからご新規配信を行うと、通知が送られるリスナーが増え定着率アップにつながります。

 

ポコチャのご新規歓迎配信のタグの付け方

 

ポコチャのご新規配信でタグを付けると、「話題」タイムラインで表示される可能性があり、新規リスナーの獲得にもつながります。

ただしタグはファミリーメンバーのみが利用できる機能であり、ライバー本人や他のリスナーは利用できません。

 

そもそもポコチャのタグとは、ライバーの特徴やどのような配信を行っているのかなどをひと目でわかるようにできる機能です。

TwitterやInstagramなどのSNSで見られる「ハッシュタグ」と同じ役割と考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

またタグはライブ配信中にしか設定できず、最新の3件のみが5分間表示されます。

過去につけられたタグは、配信後にプロフィールから確認できます。

 

ポコチャのタグの付け方は、以下の通りです。

  1. コメント欄の左端にある「#」をタップ
  2. タグ入力モードでタグを入力し送信

 

タグを入力する際には、スペースや「、」は使えないので注意しましょう。

 

また望まないタグを送信された場合、ライバーが消したいタグを長押しすると削除できます。

タグの削除はライブ配信中はもちろん、配信終了後にプロフィール欄から行えます。

 

まとめ

ポコチャのお忍び配信は、新規リスナーが獲得しやすいメリットがありますが、注意点もいくつかあると理解できたでしょうか。

主な注意点として、固定リスナーへの配慮やランクが下がらないように維持する点が挙げられます。

またお忍び配信と似ているご新規配信についても説明しましたが、どちらも新規リスナーを獲得したい時におすすめの配信です。

まだどちらの配信も行ったことがない方は、ぜひチャレンジしてみましょう。

 


私達LIVESTARは、所属ライバー実績3000名を超えた、日本トップクラス規模のライバー事務所です。

過去数千名のライバーマネジメントを通して培ったライブ配信におけるノウハウとマネジメントがあり、月間No1のライバーの輩出実績があります。

 

また、東証一部上場企業avex(エイベックス)グループ企業として、配信におけるマネジメントだけでなく、グッズなどの物販、郵送物対応、ラジオ番組への出演など、更なるサポートの幅を広げております。

 

下記のように、自分には当てはまらないと思っている方でも、
・フォロワーが少なくて、インフルエンサーじゃない。
・未経験だし、不安。
・トークに自信がない。
・パフォーマンスができる特技がない

 

新しく始める95%以上の方は、フォロワーもほとんどいなく、未経験の方ばかりですので、ご安心ください。

 

完全無料でスタッフによる相談も可能ですので、以下のボタンからLINE友達登録の後、ご応募お願いいたします!

 

執筆者プロフィール紹介

LIVESTAR Magazine 編集部

プロフィール